ワキガの原因とは

わきが治療の剪除法について

わきが治療はわきがの症状を克服することが出来る治療ですが、わきがは臭いが在るため、周りにいる人に迷惑をかけてしまうのではないかと言った精神的な不安も在ります。

また、臭いが洋服についてしまい、この臭いは洗濯をしても落としきれなかったり、汗染みなどで洋服が駄目になってしまうなど、様々なデメリットを引き起してしまいます。わきがは個人差が在り、症状が軽い人もいれば、重度の症状の人もいるのですが、ボトックス注射によるわきが治療と言うのは完全な治療ではなく、3か月から半年ほどの期間症状を緩和させるために行われている事や、重度の症状の場合は、完全に臭いを無くすことは難しいとも言われているのです。

そのため、現在のわきが治療で最も効果が高いとされているのが剪除法と呼ばれる方法で、わきがの原因となる汗が分泌されるアポクリン腺を切除する方法になるのです。ボトックス注射の場合は、注射器を使ってボトックスの薬剤を注入するのみの簡易的な方法ですが、持続期間と言うものがあり、効果が低下する事で再発と言う事になります。

これに対して剪除法は原因そのものを取り除くため、綺麗にアポクリン腺を切除できた時などは再発も起きないと言われているのです。尚、綺麗に切除が出来るかどうかは手術を行う医者の技術によるとも言われているため、剪除法によるわきが治療の実績を多数持つ病院を選ぶ事で再発を起こさないわきが治療を行うことが出来ますし、剪除法は重度の症状でも効果が高いと言われているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です