インターネットのセキュリティ

インターネットは性善説をとっているのでサービス自体、回線自体にはセキュリティ構造がありません。

IoTマンションの最新情報が知りたい方にはこちらです。

そのため、ツールごと、サービスごとに独自にセキュリティを付加しなくてはなりません。
インターネットのプロパイダやサービス提供者は独自にセキュリティを構築していますが、多くは個人向けではなく、会社を守るために行なわれます。



そのため、個人では他人に頼らずにセキュリティを構築することが必要となります。個人ができるインターネット上のセキュリティは2つです。


1つはセキュリティを守ってくれるソフトを入れること、もう1つはパスワードを出来る限り長く、英数混ぜたものを使うことです。

セキュリティソフトについては無料有料それぞれリスクが記載されていますので自分の考えに合わせて導入すれば良いです。



windowsやMacosではセキュリティ対策が取られてきていますが、万全とは言いがたいです。
セキュリティソフトは更新期間があります。
期限が切れると使えなくなるので必ず更新して最新のセキュリティを利用することが大事です。パスワードについては6文字以下はすぐに解析されてしまうと言われており、できるだけ長く、可能であれば英数字、大文字小文字を混ぜてパスワードを作ると良いです。

文字数が少ない場合では大文字小文字を混ぜるだけでもかなり効果が高くなります。