インターネットでの画像の扱い

インターネットはテキストベースの通信から始まりましたが、すぐに画像を扱えるように変わってきています。

インターネットで扱える画像の種類はとても多く、ほとんどの画像を適切に利用することが可能です。


特に、ファイルを圧縮しても見栄えが変わらないフォーマットが人気となっています。
現在、インターネットで使われている画像フォーマットのうち、圧縮機能が優秀で見栄えもそれほど損なわれないのはJPEGやPNGと呼ばれるフォーマットです。特にPNGは利用が急速に広がっています。

IoTマンションについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

PNGの利点は圧縮後のファイルサイズの小ささ、アルファ領域を持てるなどです。
また、カメラなどでも採用されているのがJPEGです。



圧縮方式が簡単で、さまざまな機械での利用も可能となり、デジカメでは出力形式がデフォルトでJPEGというカメラも少なくありません。

画像フォーマットについてはRAWと呼ばれるデジカメで撮影した画像データそのままというデータも扱えますが、容量がJPEGの数十倍ということも珍しくないので一般のコミュニケーションには利用されないことが多いです。

画像の圧縮については非可逆圧縮が基本であり、元がどれだけ容量がかかっていても、ホームページで表示される際にはかなり小さくなっていると考えられます。