インターネットツールの代表

インターネットを使ったツールは多数発表されていますが、中でも利用が多いのがブラウザです。

現在主流のブラウザはマイクロソフト社インターネットエクスプローラー、GoogleChrome、モジラ社Firefox、AppleSafariです。それぞれ特徴がありますが、ChromeとFirefoxはもともと同じ表示エンジンから派生したものです。

IoTマンション情報ならこちらのサイトです。

ChromeはGoogle社が開発しているブラウザですがFirefoxにGoogleが資金提供をしたことから始まっています。

Google社はインターネット環境での広告と検索機能を提供している会社なのでブラウザを自社で持つことは大変意義があることでした。
しかも、多機能、高速表示が可能なこともあり、利用者が急増しています。


Firefoxと同様に利用できるOSに制限を持たせずに開発が行われており、現在では親であるFirefoxよりも多機能で利用者も多い状態となりました。



Chromeの強みはGoogleの各種ツールとの親和性です。
GogleアカウントがあればどのOSでも同じ環境で使うことができるのが最大のメリットです。また、GmailやGoogleドライブとの統合も進んでおり、究極のブラウザとしてはOSごとChromeを利用したChromeOSまで作成して提供しています。