インターネットと一緒に発展してきたFirefox

Firefoxはモジラ財団が主に開発しているインターネット上のコミュニケーションツールです。


もともとはオープンソース化したネットスケープ社のブラウザを元に開発されてきています。

Firefoxはそれまでのブラウザにはなかった2つのことを行ったブラウザです。

IoTマンションについて悩んでいませんか。

1つはプラグイン機構です。プラグインはさまざまな追加機能を選択してブラウザで利用できる機能です。

それまではプラグイン側が勝手にブラウザ対応を行ってきていたのですが、ブラウザ側で受け入れ体制を作ったことで多くの開発者が参入しています。



また、ブラウザに勝手にプラグイン対応すると動作が不安定になったりするのですが、ブラウザ側で厳密なチェックをし、エラーになったプラグインが他のプラグインやブラウザに影響を出さないルール作りをしたのも特徴です。
また、開発する際にも無料で開発、提供でき、有料販売にも対応しているのが特徴です。2つ目のポイントはブラウザの基本機能を他のブラウザでも利用できるようにしたことです。
FireFoxはオープンソースなのでインターネット環境があれば誰でも開発に参加でき、ソースも他のインターネットツールに移植することも自由です。
しかし、ソース単位での移植はとても大変です。